浴室の掃除を楽にしたいときはお風呂リフォームを

解体費用と今後も見通し

人口減で、どこの自治体も空き家が問題になっています。



空き家があると、治安や衛生環境の問題、さらには周囲の外観を損なうといった理由から空き家を撤退するように、先月法律が施行されました。空き家があると、固定資産税を支払わなけばならないといったこともあり、空き家が少しずつ解体されようとしています。


この解体費用ですが、普通の家(建坪35坪、平屋)で約60万です。

神奈川の外壁塗装の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

立地条件によりますので多少の変動はあります。

解体していまう今度は固定資産税が高くなんため、親族らが家を新たに建てるか、不動産に売りに出すかになっています。


現状では不動産への売りが8割を占めており、特に地方や山間部になると、買い手もいない状況です。解体業者にとっては今が忙しいのかもしれません。
もともと高度成長期に人口が増えて、家を次から次へと建てていきました。

現在は、若者が少なくなり、50年以上前と比較して国内の人口が相対的にみるとかなり減っていますので、空き家問題が起こっても不思議ではないのです。


50以上前に建てられた家はほとんどが木造で造りがじょうぶでなかったこともあり、今残されている家は劣化がかなり激しいのです。中には有効活用したり、年代ものは保存価値があるということで保存したりといったこともありますが、ほとんどの空き家は問題視されています。



自治体によっては、解体補助が支払わることもありますので、これから空き家は無くなる方向に向かいつつあります。
住宅の建設を行いたいと思ったときに土地探しを始めると、古屋付きの物件を見かけることがあります。
または、自分が所有している土地の上に新しい住宅を建て替えるときには、それまで住んでいた住宅を取り壊す必要性が出てきます。
どちらの場合であっても解体業者に依頼をすることで、住宅を取り壊してもらう必要があります。

神奈川のリフォームの最新情報を掲載しました。

現在では空き家が増加していると言われており、使われていない住宅の取り壊しについて検討している人も同時に増えていて、いざ解体業者に依頼するときには、どのような手続きを行うのが良いのか、または解体に必要になってくる費用はどの程度なのかわからないことも多いと言えます。

解体に必要になってくる費用については、建物の構造や周辺の状況によって変わってきます。


住宅そのものの取り壊しについては、木造の場合には1坪あたり2万円から4万円、鉄骨の場合には1坪あたり2万5000円から4万5000円、PC造の場合には1坪あたり3万円から6万円ほどとなります。

40坪の木造住宅に住んでいる場合であれば、取り壊すためにかかってくる費用は80万円から160万円ほどが必要になってきます。



同じ構造の場合であってもかかる費用に差が出てくる理由は、それぞれの建物ごとにおいて取り壊す手間のかかり方がかわってくるためと言えます。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SU2015031979899

必要になってくる費用の内訳としては、解体費と養生費、廃棄物処理費などがあります。

取り壊すために土地に接している道路の幅によって、重機の使用が可能かどうかが変わってきます。


重機が入れられない場所であれば、人力を多数必要になりますのでそれだけ費用がかかります。



建物そのもの以外の塀や樹木、駐車場などを取り壊したり、撤去するときには追加で費用が必要になります。

http://okwave.jp/qa/q7282903.html

    関連リンク

    • 解体工事をしてもらう際に心付けは必要なのか

      解体工事を行う際には複数人の作業員がやって来て、雨の降らない日中に作業をしてもらうことになります。重機が一般的に使用されるようになったことで昔と比べると遥かにそこで必要な労力は少なくなりましたが、それでも家一軒の解体などになると重労働です。...

      detail
    • 解体されない空き家が発生させる問題とは

      現在の日本では少子高齢化による世代バランスの変化、人口の都市集中といったようなさまざまな問題が発生しています。そうした環境にあって問題になることの一つとしてあるのが「空き家」です。...

      detail