浴室の掃除を楽にしたいときはお風呂リフォームを

鉄筋建築と木造建築の解体工事の違いとは

同じ建物の解体工事であっても、それが木造建築である場合と、鉄筋コンクリート造りの建物である場合とでは、その工事の度合いが相当に違ってきます。

というのも、鉄筋コンクリート造りの建物というものは、鉄筋の骨組みをコンクリートで固めた頑強な造りの建物ですから、これを解体して撤去するということになれば、この頑強な建物を徹底的に壊さなければならなくなってしまうために、相当に重装備である建設機械を用いなければならないので、その工事も非常に大掛かりなものとなってしまうのです。

最近何かと話題のアンテナ工事の価格情報がさらにわかりやすくなりました。

これに対して、木造建築の建物である場合には、建物の造り自体が鉄筋コンクリート造りのように頑強なものではないために、比較的計装備の建設機械でも事足りてしまうことから、その工事も比較的小規模なもので済んでしまう、ということになるのです。

埼玉のフロアコーティング情報を厳選して紹介します。

このように、同じ解体工事とはいっても、鉄筋コンクリート建築である場合と、木造建築である場合とでは、その工事負担というものに相当の違いがあり、また、建物を取り壊した後の残骸の撤去作業においても、鉄筋建築の場合と木造建築の場合とでは、その残骸の量も種類も、またその質量も大きく異なったもの、となっているのです。

遮熱塗料の窓の情報を求める人におすすめです。

このために、木造住宅の解体工事というものは、かなり頻繁に行われているのに対して、鉄筋コンクリート造りの建物の場合には、その解体工事の割合は木造建築に比べてずっと少ないものとなっている、という顕著な違いとなっているのです。


老朽化した建物や家などの建て替えなどで、建物の解体工事をすることがあります。



建物の解体なんてただ壊せばいいと思うかもしれませんが、ただ壊すだけでは色々な支障が出てきてしまいます。



周りのことを考えずに解体してしまうと、解体で出る埃や破片が周囲に飛び散りいさかいの原因にもなります。


それ以外にも事故が発生し取り返しがつかないことになりかねません。
それでは解体工事はどうやって行うのでしょうか。


まず、工事の流れはおおまかに見積もり、工事前、本工事になります。
見積もりでは電話で大体の見積もりを出してくれる業者もいますが、現場にてきちんとした見積もりを出してもらう方が誤差が少なくなり、金銭のトラブルも少なくなります。

また通常の見積もりには地中にある障害物の料金は含まれていないので、工事をする前に必ず確認しましょう。
工事前は近隣の住宅に挨拶をして、工事を行うことを告知してトラブルがないようにします。


またガス管や電話線などの配管や配線を必ず撤去をして、工事中の危険がないようにしましょう。



本工事ではまず足場を作成し、そのあとに防音シートや防塵シートで近隣の迷惑を最小限に抑えます。

http://allabout.co.jp/gm/gc/14159/2/

その後、瓦や畳、断熱材などの手作業で撤去できる工作物を撤去し、壁や屋根、柱など建物本体の作業になります。

そして基礎を掘り起し撤去して、廃材の収集や搬出をして地中に廃材などが残ってないか確認し整地して完了になります。


このような流れで工事は進みますが、近隣の住民へのあいさつは必ずしましょう。



    関連リンク

    • 解体工事をしてもらう際に心付けは必要なのか

      解体工事を行う際には複数人の作業員がやって来て、雨の降らない日中に作業をしてもらうことになります。重機が一般的に使用されるようになったことで昔と比べると遥かにそこで必要な労力は少なくなりましたが、それでも家一軒の解体などになると重労働です。...

      detail
    • 解体されない空き家が発生させる問題とは

      現在の日本では少子高齢化による世代バランスの変化、人口の都市集中といったようなさまざまな問題が発生しています。そうした環境にあって問題になることの一つとしてあるのが「空き家」です。...

      detail